いじめは即解決を

お子様が学校でいじめを受けている、という恐れがある場合、即解決のための行動をされることです。
ニュースなどで報道されているように、いじめが原因でお子様が自殺をしてしまう、ということが社会問題となっている現在、自らのお子様だけが大丈夫と思うのは過信になってしまうことは十分にありえることです。
当サイトでは、お子様がいじめを受けている時にどのような対処をして、周囲と連携して解決を図るにはどうすればいいのか、ということを中心にご紹介しています。

いじめの問題は、いまや学校社会全体の問題となっており、なかなかいじめを受けていることを学校現場では完全に見つけることや、防ぐことができない部分があります。
しかしながら、いじめをうけたお子様にとっての心の傷は深く、精神的にも追い詰められてしまうことは十分に考えられます。
そのような状況の中で保護者の方にとっては、何をすればいいのか、ということが分からず、不安になってしまっていることも十分に考えられるでしょう。

もし、お子様がいじめを受けている、と考えられる場合、問題をそのままにせず、出来る限り早い段階で解決を図るために、学校やPTA、関係者と連携をして解決を図るための行動をされる事をお勧めします。
当サイトでは、いじめを受けているお子様を助けるために、どのような行動が可能なのか、という事を含めて様々なケースをご紹介しています。
問題を放置するのではなく、ぜひ早めの解決を図るように行動をされることが肝心です。